成人スキルの国際比較 - 国立教育政策研究所

国立教育政策研究所 成人スキルの国際比較

Add: ypypuf50 - Date: 2020-12-18 20:24:27 - Views: 9082 - Clicks: 9514

3892 bsh : フィンランド -- 教育 ndlsh : 教育測定: 注記: 特別寄稿: リイサ・ナベリ(ヘルシンキ大学) 文献あり: タイトルのヨミ、その他のヨミ:. 本稿では、聞き取り調査を中心にした研究成果やPIAAC調査を用いた国際比較研究などを踏まえて、日本の企業内訓練、とりわけOJTについて考察した。その結果、改めて日本がOJTへの投資で他国に劣っていないことやインフォーマルOJTの重要性が明らかになった。インフォーマルOJTを受講している労働者はOff-JTや計画的OJTの受講率も高い。また、賃金や付加価値生産性を高める効果も認められる。そして、職場組織や作業慣行がインフォーマルOJTの促進や効果に大きな影響を与えていることもわかった。インフォーマルOJTが高い効果をもたらす職場づくりが求められる。その際労働者の能動的な参加が重要である。働くことが学ぶことであるならば働き方改革は学び方改革でもある。 バブル崩壊後の長期不況下で日本の雇用システムには大きな変化があった。成果主義的賃金制度の導入、女性労働者や非正規雇用者の増大などである。しかし、成果主義的賃金制度(役割給等)は運用次第で技能形成を最も必要とする非管理職層の技能形成へのインセンティブが失われないようにすることはできる。女性労働者や非正規雇用者の能力開発については、両立支援策等による雇用の継続や非正規から正規雇用への転換ができる環境を整備することなどが考えられる。また、社会的な職業能力評価制度を整備することも提案されている(原 )。さらに、企業内で正規労働者と非正規労働者の技能を同じ仕事表にまとめることで正規労働者への転換を促進することも試みられている(脇坂 )。そして、就職氷河期世代はOJTによる能力開発の機会を失った世代である。適切な支援が求められる。. 成人スキルの国際比較 -oecd国際成人力調査(piaac)報告書- 国立教育政策研究所, 国立教育政策研究所(担当:分担執筆) 明石書店 年10月 (ISBN:. 国立教育政策研究所 令和2年度教育研究公開シンポジウム 「高度情報技術の進展に応じた教育革新 ~「学習評価」の充実による教育システムの再構築: みんなで創る「評価の三角形」~」 の配信動画を掲載しました。. 国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research 要約本研究は、国際成人力調査(PIAAC)の報告書の中で疑問に思った7つの事項について、 PIAAC のデータを用いて二次分析を行った結果についての報告である。疑問に対する解答は. 成人スキルの国際比較 OECD国際成人力調査(PIAAC)報告書.

日本の技能形成については、ヒアリング調査による綿密な実証分析を行った数多くの研究がある。小池()によると、日本の大企業の生産労働者のもつ技能で重要なものは問題処理能力と職場に発生する種々の変化への対応能力(=知的熟練)である。具体的には、生産の仕組みや機械の構造に関する知識を持っていて比較的簡単な故障であれば修理できる技能であり、また、治具・工具の段取り替えが効率よくできる能力、職場の他の持ち場を担当できる能力、他の労働者に仕事を教えることができる能力、さらには、生産方法が変わった時、技術者と協力して効率的な生産ラインの組み方に関して助言できる能力、などである。こうした技能を生産現場の生産労働者が持っていて、現場で問題や変化への対応ができることが高い生産性につながる。 技能形成は長期の幅広いOJTと節目節目でのOff-JTによって行われるが、OJTが中心である。変化や問題への対処は重要なものほどマニュアル化できないものが多い。したがって、長い時間をかけて職場の中でやさしい仕事から徐々に難しい仕事へと関連の深い色々な仕事を実地に経験しながら技能形成をするOJTによる方法が効率的である。また、こうした経験に基づく知識を整理し、機械の構造などに関する工学的な知識を身に付けるためにOff-JTを行う。 さらに、賃金制度の中に技能形成へのインセンティブが存在する。日本の賃金制度には、能力給的な部分があり、技能の向上が賃金の上昇に結びつく度合いが大きい。すなわち、基本給は資格給であり、定期昇給がある。定期昇給の昇給幅や昇格が能力の査定結果を反映して決定される。また、評価の透明性を高めるため、上司の査定による各労働者の技能の幅と深さは一覧表(仕事表)にして職場に張られている。 ホワイトカラーでは総じて日本と欧米諸国との差はあまりない。小池・猪木()は日本とアメリカ、イギリス及びドイツ四カ国について大卒ホワイトカラーの技能形成の実態を聞き取り調査とアンケート調査によって比較・分析し、つぎのようにまとめている。第一に、技能形成の核心である経験の幅に関して、どの国でも「やや幅広い1職能型」ないし「主+副型」が優位であることである。すなわち、大卒ホワイトカラーの技能形成は、職能の中でさまざまな小領域を経験して行われる傾向があるということである。第二に、Off-JTは. 日本比較教育学会 比較・国際教育情報データベース(RICE). また、国際比較調査に参加し、他国の政策との比較が可能となることで、日本の現在の人材育成政策の強みと弱みが見えてきます。 では、調査の内容についてもう少し詳しくご紹介します。. 10; oecd成人スキル白書 : 第1回国際成人力調査(piaac)報告書 : oecdスキル・アウトルック年版 / 経済協力開発機構 (oecd) 編著 ; 矢倉美登里, 稲田智子, 来田. 世界比較教育学会加盟学会リスト及びリンク(WCCES Member Societies) 2.比較国際教育関係文献データベース. 成人スキルの国際比較 : oecd国際成人力調査 (piaac) 報告書 / 国立教育政策研究所編、東京 : 明石書店,.

専門分野 : 教育工学 Key Words : アシスティブ・テクノロジー,教材・教具開発,国際比較. PIAAC調査では日本の興味深い特徴が明らかになっている(国立教育政策研究所 )。 第一に、読解力スキル、数的思考力スキルの習熟度で日本は参加国中最も高い得点を挙げていることである。しかも得点の分散が小さく、格差が小さい。ただし、日本のスキルの使用頻度は低い。 第二に、賃金圧縮の程度が大きいことである。つまりスキルの習熟度の低い者と高い者の間の賃金格差が小さい。 第三に、日本の大卒比率はOECD平均程度でありながら、大卒以上レベルの「過剰教育」の割合が最も高い国であることである。大卒以上の学歴を持ちながら、大卒の学歴を必要とせず、高卒程度の学歴で十分こなせる仕事に就いている者の割合が最も高い。日本では大卒労働者が若年期に下積みの仕事をする傾向があることや学歴を要件とするポストが少ないことなどが考えられる。. 国立教育政策研究所発行の報告書・紀要論文の検索・閲覧ができる機関リポジトリです。 ニュース /11/02 国立教育政策研究所紀要 第149集 を追加しました。 研究成果アーカイブに関する問合せ先 教育図書館 本報告書は、文部科学省 国立教育政策研究所(nier)及び独立行政法人 国際協力機構(jica)地球ひろば の共同プロジェクト「グローバル化時代の国際教育のあり方国際比較調査」(平成23 年12 月~平成26 年3 月). See full list on nier. 幼児教育・保育の国際比較 質の高い幼児教育・保育に向けて.

10 形態: 266p ; 30cm 著者名: 国立教育政策研究所 書誌id: bbisbn:. 国立教育政策研究所:. 小中一貫 - 事例編 - 国立教育政策研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まっ. 少子高齢化・人口減少の進む日本において豊かさを維持していくためは、労働者の時間当たり付加価値生産性を高めることが必要である。そのために教育や職業能力開発が果たす役割は大きい。経済のグローバル化やAIなどの技術革新の進展する中でその重要性は増している。 しかし、国際的にみるとOECD諸国の中で日本はGDPに占める企業の職業能力開発費の割合が「突出して低い」水準にとどまっており、経年的にも低下が続いていることが指摘されている(厚生労働省 )。最近の景気回復の中で、企業の労働者一人当たりの能力開発費はやや回復傾向にあるものの、OECD諸国の中で「突出して低い」ことに変わりはないと思われる。 技能形成は日本の雇用システムの中で重要な位置を占め、新規学卒一括採用、長期雇用、賃金制度など他の制度・慣行と補完的であることが指摘されてきた。中でも重要なのがOJTである。これらの制度・慣行はOJTによる技能の形成を促進する効果をもっていた。このことを踏まえると、上述のような日本のGDPに占める企業の職業能力開発費が「突出して低い」ことは驚くべきことである。 OECDのPIAAC調査は、16〜65歳の成人を対象として、各国共通の調査票で読解力などのスキルの習熟度を測定するとともに、学歴や現在と過去の就業状況、賃金などに加えて能力開発についても詳しく調べている。このPIAAC調査の結果を分析した研究も参照しながら、日本のOJTについて考えてみたい。. 大学院での学び直しと成人力 -piaacデータを用いた分析- (文科省国立教育政策研究所 piaacシンポジウム ) 3. 著者 国立教育政策研究所 (編). PIAAC調査では生産性の代理指標として技能の使用頻度を使っている。労働者が持っている技能と実際に生産活動で発揮される技能とを区別するという発想に基づいている。技能の使用頻度はアンケートでたとえば読解力スキルであれば(年、月、週といった期間に)メールを書く頻度を聞いており、その回答から作成されている。技能の使用頻度が高いことは、労働者にとっては高い賃金や高い仕事満足度をもたらし、マクロレベルでは、一人当たりGDP(生産性)との相関が正で有意であることがわかっている。 生産性は労働者の技能水準だけでなく、人的資源管理や労使関係等の制度的な要因によっても影響を受ける。職場がどのように組織されているか、あるいは仕事がどのように設計され、どのような人的資源管理が行われているかによる。HPWP(=High Performance Work Practices(高効率作業慣行))は、問題解決チーム、ジョブローテーション、訓練、選抜的採用、雇用保障、インセンティブ報酬(能力給、ボーナス)、情報共有などから成り、主にブルーカラー職場での労働生産性を向上させるための革新的な人的資源管理を意味する。アメリカでは1980年代から取り入れる企業が増えている。そして、いくつかの研究では、厳密な実証分析によって実際に高い生産性をあげていることが明らかにされている(Ichniowski and Shaw)。 OECD()は、PIAAC調査の結果を用いて、HPWPの導入度合いを測るHPWP指標を作成している。そして、技能の使用頻度(=生産性の代理指標)の分散を労働者の技能習熟度、HPWP指標、企業規模、職業、産業、国特性といった要因に分解している。その結果、技能使用の分散へ最も寄与が大きかったのがHPWP指標であることを見出している。このことからOECDは、企業がHPWPを導入することの意義を強調している。 しかし、このOECDの分析においては、日本のHPWP指標は高くない。HPWPはもともと1980年代までの日本のブルーカラーの職場の高い生産性の要因について諸外国で研究され、提案されているものである。その指標で日本が低いのはなぜか。実はOECDのHPWP指標には、ジョブローテーションや能力給、査定の有無など日本の職場の作業組織の重要な要素が取り入れられていない[注1]。 な.

「世界最大のシンクタンク」であるoecd報告書の日本語版です。 経済分野はもとより、社会政策、保健医療、環境、教育、科学技術、農業等の分野で、 客観的な統計及び指標に基づく審査、調査報告書を数多く網羅しています。. ・日本では、レベ. 国際成人力調査(piaac)-国立教育政策研究所; 大学等への社会人入学者数の推移、25歳以上の高等教育機関への入学者割合(国際比較)ー労働政策・研修機構 <文/堀口智之>. 所属 (現在):国立教育政策研究所,生涯学習政策研究部,総括研究官|帝京大学,公私立大学の部局等,教授, 研究分野:教育学,教育学,教育社会学,小区分09050:高等教育学関連,小区分09070:教育工学関連, キーワード:fd,高等教育,大学教員,FD,生涯学習,成人学習,大学教授職,大学教育資格,教育学,大学開放. OECDは、〜年に24の加盟国・地域で第一ラウンドのPIAAC調査(Survey of Adult Skills)を実施した。その後、年までに加盟国を中心に合計39カ国に拡大している。この調査では16〜65歳を対象として、仕事や日常生活で必要とされる汎用的スキルのうち「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3分野のスキルの習熟度を直接測定している。また、成人の教育・能力開発の状況、スキルの使用状況、就業状況、健康状態、社会的活動等への参加等についても調査されている。各国共通の調査票を用いてこれだけ詳細な教育・能力開発・労働に関する情報を収集した調査は貴重である。しかも個票データが公開されている。年には第2回目のPIAAC調査が予定されている。詳しくは深町()を参照されたい。. 国立教育政策研究所. 研究企画部総括研究員(総合研究推進. Amazonで国立教育政策研究所, 国立教育政策研究所の成人スキルの国際比較 -OECD国際成人力調査(PIAAC)報告書-。アマゾンならポイント還元本が多数。国立教育政策研究所, 国立教育政策研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

諸外国の教育改革に見る 21世紀型の資質・能力と学びのイノベーション 国立教育政策研究所初等中等教育研究部 松尾 知明 1 年1月30日(土) 第21回海外日本語教育研究会(国際交流基金日本語国際センター) 発表の内容 はじめに. 研究代表者 渡邊恵子. 成人スキルの国際比較で日本は「読解力」と「数的思考力」の2分野において、参加国24か国中第1位となったことが10月8日、経済協力開発機構.

所属 (現在):国立教育政策研究所,国際研究・協力部,総括研究官, 研究分野:教育学, キーワード:生涯学習,lifelong learning,OECD,学社連携,school-community partnership,現代的課題,情報社会,比較教育研究,SBM (Site based management),青少年, 研究課題数:14, 研究成果数:0. 成人スキルの国際比較 -oecd国際成人力調査(piaac)報告書-国立教育政策研究所 | /10/10. 5%、それぞれ賃金を引き上げる効果がある。しかし、フォーマル訓練は逆に賃金を引き下げる効果があり、労働者も費用負担をしていることがうかがえる。一方、インフォーマル学習の受講は生産性(労働時間当り付加価値)を5%高めている。ただし、これらは短期的な効果である。 Squicciarini et al. 成人スキルの国際比較 : OECD国際成人力調査 (PIAAC) 報告書 国立教育政策研究所編 明石書店,.

1-3 国立教育政策研究所による21世紀型能力 国立教育政策研究所によるプロジェクト研究「教育課程の編成に関する基礎的研究」では、21世紀を生き 抜く力を21世紀型能力と ¡付け、その試案を提案している(国立教育政策研究所教育課程研究センター,. 1990年代以来、先進国における読解スキル評価の必要性は2つの主な国際調査によって提起されてきた。 一つは 1994、1996、そして1998年度にて行われた国際成人読解力調査(International Adult Literacy Survey、IALS)、もう一つは年度と、から年度までの間に行われた国際成人読解力および. (国立教育政策研究所編 、p. 225) によっ て、 11 時間当たりの賃金(時給)は、習熟度レベルと強い関係を持っているー. (注4)oecd 国際成人力調査(piaac:ピアック).

国際比較oecd国際成人力調査(piaac) 報告書. 文部科学省生涯学習政策局政策課 主任社会教育官 亀岡 雄(内線2637) 調査統計企画室長 柳澤 好治(内線3476) 専門官 石丸 成人(内線3473) 分析調査官 丹生久美子(内線2981) 国立教育政策研究所 国際研究・協力部長 小桐間徳 (内線6950). フィンランド教育の批判的検討 : 学力の国際比較に異議あり: 主題: 教育測定: 分類・件名: ndc8 : 372. 国立教育政策研究所ホームページ内国際成人力調査(piaac) のページで調査の概要が紹介されており、調査結果の要約が掲載されています。 『社会教育統計』(文部科学省 3年に1回刊).

10 形態: 266p : 挿図 ; 30cm 著者名: 国立教育政策研究所 書誌id: bbisbn:. See full list on jil. (日本語版報告書:国立教育政策所編「成人スキルの国際比較-oecd国際成人力調査(piaac)報告書」, 明石書店, (注5)oecd国際教員指導環境調査(talis). 3 調査研究等特別推進経費調査研究報告書 平成30年度 ; 教育制度-043. 成人スキルの国際比較 : oecd国際成人力調査 (piaac) 報告書 フォーマット: 図書 責任表示: 国立教育政策研究所編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明石書店,. そんな数字教育をこれからも続けていきたいと思います。 参考web. 国立教育政策研究所 | 商品一覧 | HMV&BOOKS online | 国立教育政策研究所の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!.

単行本 ¥4,180 ¥4,180. 日本では企業内訓練をOff-JT(Off-the-Job 成人スキルの国際比較 - 国立教育政策研究所 Training, 集合訓練)とOJT(On-the-Job Training, 職場訓練)に分類する。Off-JTは仕事(職場)から離れて研修所などで行われる訓練である。OJTは職場で仕事をやりながら上司や先輩等の指導のもとで仕事を覚えていく訓練である。しかし、海外では、OJT(On-the-Job Training)という用語は訓練をする場所がどこであれ、企業に在職中に行われる訓練、つまり企業内訓練のことを指す場合が多い(脇坂 )。 フォーマルな(あるいは計画的)OJTとは、指導者が指名されており、訓練成果のチェック項目が書かれているなど、観察しやすい指標が設定されているOJTを指す。多くはキャリアの初期の訓練である(小池 )。フォーマルなOJT以外にも、インフォーマルなOJTがある。実務経験を積みかさねて技能を習得することである。仕事をやりながら、わからないことを先輩にたずねて自分で勉強し仕事を覚えていく。インフォーマルなOJTの重要性は1960年代の人的資本理論の草創期から指摘されていた(Arrow 1962, Mincer 1962)。高度な技能はインフォーマルなOJTで形成される(小池 )。最近海外でもインフォーマルOJTの重要性が再認識されている(de Grip )。しかし、インフォーマルなOJTを計量的に測ることは難しい。小池()はインフォーマルなOJTを測る方法として、キャリア(「長期に経験する関連の深い仕事群」)としてとらえるという方法を採用している。 OJTが大切なのは、言葉や図で特定し、表現できない知識・技能があるからである。それを学ぶためには職場で仕事をしながら学ぶ必要がある。そして、学ぶ者の能動的な姿勢が重要である。小池・猪木(1987)は東南アジア2カ国と日本の装置産業の企業でのヒアリング調査から、日本の生産労働者の生産性が最新設備を備えた他のふたつの国よりも3倍程度高く、その技能形成は主にOJTによることを明らかにしている。 OJTによって形成される技能が必ずしも企業特殊的とはいえない。たとえば、職人の技能形成はOJTだが流動性は高い。小池()は技能の企業特殊性はむしろキャリアの組み方の違いによるのではないかと指摘している。. 比較国際教育リソースリンク 1.世界の比較教育学会. 地方教育行政の多様性・専門性に関する研究報告書||チホウ キョウイク ギョウセイ ノ タ. 76ポイント(2%). 研究企画部上席総括研究員(評価担当) 専門分野 : 視覚障害 Key Words : 自立活動,触覚教材,乳幼児支援.

()はPIAAC調査を用いて、企業内訓練の受講率や受講時間、賃金や労働生産性への効果を推計している。企業内訓練をフォーマル訓練、ノン・フォーマル訓練、インフォーマル学習に分類している。フォーマル訓練は大学や専門学校等の正規の教育機関における資格取得のための社会人向け教育である。ノン・フォーマル訓練は、「計画的に一定期間行われる研修、指導、実践」とあり、Off-JT+フォーマル(計画的)OJTのことである。インフォーマル学習はインフォーマルOJTのことである(表1)。いずれも調査時点前1年間に受講した者を対象としている。 推計された受講率や受講時間をみると、インフォーマル学習が企業内訓練では最も多く受講されている訓練形態である。フォーマル訓練を除く企業内訓練の全受講時間のうち、80%がインフォーマル学習である。また、OECD平均でインフォーマル学習、ノン・フォーマル訓練及びフォーマル訓練の受講率は、それぞれ70%、41%及び8%である。日本ではフォーマル訓練、ノン・フォーマル訓練は比較的低いものの、インフォーマル学習は他の国と同程度である。こうした傾向はドイツやフランスでもみられる。 企業内訓練の受講が賃金に与える影響をみると、ノン・フォーマル訓練が11%、インフォーマル学習が3.

成人スキルの国際比較 - 国立教育政策研究所

email: uluxa@gmail.com - phone:(506) 604-5078 x 3302

言語コミュニケーションのこれから - 伊藤達也 - ドロップス ななついろ

-> 危うい夢 利岡正人詩集 - 利岡正人
-> 入札改革 - 武藤博己

成人スキルの国際比較 - 国立教育政策研究所 - 荒井綜一 香料の事典


Sitemap 1

日経アーキテクチュア Selection 世界の木造デザイン - 日経アーキテクチュア - バイク免許絶対合格 自動車免許試験問題研究会